Monthly Archives: 5月 2013

見分けがつきません (マロー)

花では見分けがつかなかった(=_=)メラメラ

今日は、こんな花に出逢いました。

花さんぽ/花しらべ

これから夏にかけて、このように背高のっぽの花をよくみかけるでしょ(*^_^*)

もう少し、花を大きく撮影したのがこちらです(^O^)/


花さんぽ/花しらべ

今日の主人公は彼女です。早速「 花しらべ 」していきましょう。


まず、この花をアプリ内で画面中央に持っていき大きく拡大

花さんぽ/花しらべ

そして矩形処理ですね。


花さんぽ/花しらべ

何度もいいますがこの矩形処理が、花の認識では一番重要な作業です。

花一輪の上下左右がキッチリ四角の枠にかかるように矩形を取ります。

これが、次の花の大きさのヒントを認識への情報となるのです。

ここは、しっかり押さえておきましょう(^^ゞ


次に条件ですね。


花さんぽ/花しらべ

今回は、いつもの花の大きさと花びらの枚数の他に、この花は背丈が高い花であるという事も特徴になるので、草丈も条件としていれました。

できるだけ、正確にわかる花の特徴は入れると認識結果が良いです。

さぁ、結果発表


花さんぽ/花しらべ

でましたぁ~(*^。^*)

が・・・ どっちだぁ(°Д°;≡°Д°;)


1位表示の

花さんぽ/花しらべ

と、2位表示の


花さんぽ/花しらべ

両者、どこがどうちがうのでしょう(~_~メ)


どちらも、アオイ科ゼニアオイ属(ーー゛)

どちらも、背丈が150センチぐらい((+_+))

どちらも、ヨーロッパ生まれ( 一一)


物の本によると・・・

① ゼニアオイの葉の切れ込みは浅く、ウスベニアオイは深い

② ゼニアオイの種に毛はあるが、ウスベニアオイの種には毛がない!

が、両者を見分けるポイントになるようです。


要するに・・・

花だけでは、見分けがつかない(>_<) ということのようです。


このように、品種改良が進んでくると名前の見分けがつかない花が多くあります。


私の個人的意見としては…「どっちでもええやん(~_~メ) 」

なので、今回の花は英語名で出てくる「マロー」のどちらか!にしておきます。


どちらでもいいのですが、この花は陽の光を十分浴びて健康的な美しさを感じさせてくれます。


ところで!!!

ウスベニアオイの詳細に、おもしろい事が書かれていました。

この花をお湯に浸して、ハーブティとすることがあるようです。

効能は、喉の腫れ 胃炎 膀胱炎 に効くらしい。。。


また、このお茶にレモンを加えると、お茶の色がピンクに変化することから、「夜明けのハーブ」とも呼ばれているようです。

夜明けのコーヒーならぬ、夜明けのハーブドキドキドキドキドキドキ

今度、試してみようかしらにひひ