Monthly Archives: 11月 2013

この花もキクの仲間です (ツワブキ)

お散歩も、寒く花の少ないシーズンに突入!

そんな中、よく目にするお花を紹介します。

IMG_3999

庭先や公園の植え込みなどで、最近よく目にしていると思います。

知っている方もあるかもしれませんが・・・ 「 花しらべ 」アプリの使い方の説明も兼ねて、認識してみましょう。

まずこの花の写真の中から、一番認識に適している一輪の花を選びます。

この時注意することは、花が正面をむいていること!そして花びらの重なりが少ない一輪を選びましょう。

私は、先の画像の中ので左下の花を選んで、「 花しらべ 」アプリの中で、画面中央にもっていき、やや拡大してみました。

IMG_4051

そして、花の形に矩形をとります。この時の注意点は、花一輪が四角の枠の中にきちんとはいっていることです。

IMG_4052

上記の矩形処理は、悪い例です。なぜ悪いのか?

それは、矩形処理は次の花の大きさを指定する時のヒントになるからです。

四角の枠の端から端までが、この花の大きさになるので、上記の場合は花は四角の枠の中に入っていますが、枠より花は小さいですよね。そうすると、他の花びらのところも、花であると認識してしまい、大きな誤差を生み出して、認識に悪影響を与えます。矩形処理では、四角の枠の端から端に、花びらがかかっていることが大事です。

IMG_4050

このように、花びらの上下左右がしっかり四角の枠にかかっているように指定してください。

そして、条件入力となります。

IMG_4049

今回は、花の大きさ5センチと撮影月(これは花の開花時期となります)とだけ、指定しました。

花の大きさはできるだけ指定してください。人は立体視で花の大きさを瞬時に判断できますが、写真からは花の大きさが推定できないために、花の大きさが必要なのです。認識させる花が1cmなのか10cmなのかでは結果が当然変わります。

3Dカメラで自動的に大きさが認識できれば良いのにな・・と思うのですが、現在は、大きさの指定は自動ではできません。

では、これで認識をしてみましょう。

IMG_4046

IMG_4048IMG_4047

この花はツワブキ フキと名前がついていますが、この花は列記としたキク科の花です。

この花の葉や茎は食用とされ、キャラブキという佃煮になります。

そして、胃の働きを正常にする健胃薬としての薬効もある植物です。

花言葉は、謙遜。個人的にとても品の良い花に思えます。