花はこちらです (コンロンカ)

花屋で、観葉植物をお求めになる方も多いと思います。

葉っぱの魅力 そんな植物の花が咲いていたので、ご紹介します。

それが、こちらです(^O^)/

IMG_5087    IMG_5088

なぜか、葉っぱが白いものがありますね(^_-)-☆

通常、中央に見えている黄色の花が咲いて売られているケースは極稀であるために、葉っぱの白いのが花だと思われる方も多いのですが、この植物の花は中央の黄色い小さな星形が、花です。

では、この花について調べていきましょう。

まず、右側の写真を 「 花しらべ 」 アプリ内に取り込みます。

IMG_5154

ここから、指先を使って、黄色の花一輪を大きく拡大し、画面中央に持ってきましょう。

IMG_5153

ここまで大きく引き伸ばしました。そして、矩形処理。

矩形処理は、次の花の大きさの目安になるので、きっちり矩形をとりますね。

IMG_5152

そして、条件入力

IMG_5147

今回は、花の大きさと花びらの枚数 開花時期(撮影月)

そして、この植物は 草もの ではなく 木もの ですから。 間違えないように!

そして、栽培品種のものであるとしました。

そして認識です。

IMG_5148    IMG_5149

この花は、 コンロンカ

いつもは、葉っぱの白さに惹かれますが、こうして かわいい黄色の星形がいっぱいになると、また違った魅力ですね。

この植物の特徴は、もちろん 葉っぱが白くなることです。

しかし、この白い葉っぱは、葉っぱではないのです。

通常、花の下にある蕚辺(ガクヘン)が、変化したものなのです。

蕚辺とは、いわゆる ヘタ です。

イチゴのヘタがわかりやすいでしょうか。イチゴは、実の赤いところを食べて緑の蕚をとりますが、イチゴの花の時期はこの赤い実のところが花であって、花を下の緑の蕚で花を支えています。

ほとんどの花には、花の下のが存在します。タンポポの蕚やアザミの蕚もわかりやすいでしょうか。

この コンロンカ という花は、その蕚の一枚が変化して、このような魅力的は植物になります。

あと、予断ですが、同じ コンロンカ で、花の形が違うものもご紹介しておきます。

その名は、 ウスギコンロンカ

IMG_5151

花が開花するまでは、 コンロンカ と同じような葉っぱのなのですが、花は通常の コンロンカ より丸みを帯びていますね。

どちらも、素敵です(*^_^*)

Comments are closed.