やさしい匂いに誘われて (クチナシ)

6月 雨の季節到来です。

お散歩もなかなか出来にくくなっています。

そんな中、ご近所や公園を歩いていると、やさしく甘い香りに出会いませんか?

この季節 やさしい香りのお花といったら・・・

IMG_0033

お花好きのみなさまには、おなじみのお花だと思いますが(*^_^*)、ちょっと調べていきましょう。

では、この写真をアプリ内に取り込み、花を拡大・中央にもっていきましょう。

IMG_0042  ⇒  IMG_0043

そして、矩形処理(セグメンテーション)をしていきますね。

IMG_0041

そして、条件入力

IMG_0040

今回は、ちょっと乱暴に・・・ とても特徴が強く、表のはっきりした花であり、花と花の重なりがない写真なので、条件は、木の花 撮影は6月 とだけしてみました。

特徴が強いってどうして?と、思われた方へ。

花びらが風車のような配列で、真ん中のおしべ近くが黄色の紐状が、とてもはっきり見えていること!

これを特徴と、とらえました。この特徴が、写真上はっきりしない場合は、条件にいろいろと入力しますが、ここまでしっかりした写真なので、この条件で画像認識をかけてみることにします。

IMG_0037      IMG_0039

画像認識、成功です。

この花は、 クチナシ の花です。

真っ白な花びらからの甘い香り。 清楚なイメージの花ですね。

ところで、あの特徴として捉えた、おしべ周りの黄色い紐状に伸びているものについて、調べてみました。

あれは、 葯(ヤク) というものです。

葯 とは、おしべの先端に通常丸く花粉がいっぱいついているところです。

ユリの花の おしべ を想像していただけると、わかると思います。

この クチナシは、おしべから葯が花びらに沿って伸びているのですね。 ひとつ、勉強しました。

また、参考までに、違った クチナシの花も紹介しておきます。

IMG_0035

上記は、八重のクチナシの花です。 こちらの八重は、完全に栽培品種です。香りは通常のクチナシと同じ香りを放ってくれます。

もうひとつ・・・

IMG_0036

こちらは、コクチナシ もしくは ヒメクチナシ

全体の写真を撮っていないのでわかりにくいと思いますが、通常のクチナシより木の高さが低く、横に這うように花が咲いていくのが特徴です。

あなたの近くで、甘い香りでアピールしている植物があったら、ちょっと足を止めて、眺めてあげてください。

Comments are closed.